KIYOSE TAKARA KINDERGARTEN
学校法人 粕谷学園 清瀬たから幼稚園

TEL:042(492)2222
FAX:042(492)2287
〒204-0011 東京都清瀬市下清戸5-791-14

Copyright (C) KIYOSE TAKARA KINDERGARTEN. All Rights Reserved.

たから日記

  • 07月01日

    おみこし

    image

    粕谷 衛

    たからまつりの本番に向けて、年長さんはおみこしの練習を

    頑張っています。

    初めは自信なさげな声だった気合いやかけ声も、今では

    ビックリするぐらいの大きな声で

    「ファイトー!」

    「ワッショイ!」

    それに伴って、子どもたちの練習中の表情も真剣そのものに

    なってきたように思います。

     

    練習出来るのもあと数回です。

    練習の成果を全て出し切り、格好いい、そして楽しいおみこしに

    したいですね。

    imageimageimage

  • 06月27日

    あまくておいしい

    image

    粕谷 衛

    あまくて、とってもおいしくて、この時期に採れる野菜は何でしょうか?

    答えは「とうもろこし」

    今年も地元の野村ファームさんの畑にとうもろこし採りに行ってきました。

    天気だけが心配でしたが、絶好のとうもろこし採り日和となりました。

     

    自分の身長より高いとうもろこしの木をかき分けながら奥へと進み

    ちからいっぱいとうもろこしを倒すと、ポキッと音をたてて大きなとうもろこしが

    採れました。

    とうもろこしを抱えてバスに戻る子どもたちの表情はとっても満足げ。

    帰ったら早速おやつに食べるのかな。

     

    実はみんなが畑に到着する前に、取りたてを生で食べてみましたが

    甘くてとってもおいしかったですよ!

    皆さんも、夏ならではの味覚をお楽しみ下さいね。

    imageimageimageimageimage

  • 06月24日

    オオムラサキ

    image

    粕谷 衛

    皆さんオオムラサキってご存じですか?

    日本の国蝶とも言われるこのオオムラサキが、実はたから幼稚園の近くで

    飼育されているんです。

     

    そこで今日は年長さんがオオムラサキを見に行って来ました。

    大きなケージの中には、大切に育てられたオオムラサキたちがたくさん羽ばたいていました。

    頭の上にとまったり、腕にとまったり、意外と人なつっこいんですね。

     

    ケージの中には他にもクワガタやテントウムシなどたくさんの昆虫がいて、子どもたちは

    時間を忘れて楽しんでいる様子でした。

     

    オオムラサキは、花の蜜ではなく気の樹液を主食としているため、自然の雑木林

    の減少に伴って生息できる場所も減っているそうです。

    東京にあって、今なお自然豊かな清瀬ならでは光景を見た気がします。

    imageimageimageimageimage

  • 06月19日

    日曜参観

    image

    粕谷 衛

    今日の日曜参観には、多くの保護者の方にご来園頂き、まことにありがとうございました。

    親子での制作やゲームなど、短い時間ではありましたが、子どもとご家族の沢山の笑顔を

    見ることが出来ました。

    子どもたちが頑張って作ったプレゼントの仕上がりはどうでしたか?

    大切にして下さいね。

     

    imageimageimageimageimage

  • 06月15日

    園外保育

    image

    粕谷 衛

    雨で中止となっていた年長児の園外保育。

    朝から微妙な天気ではありましたが、雨天時の準備をして

    東所沢公園に出発です!

     

    荷物はバスに残し、更にバスは近くに待機。

    お弁当は食べられないまでも、昼前まで天気がもってくれればと

    願っていましたが・・・

     

    公園に着いて30分後には雨脚が強まり、残念ながら早上がりと

    なってしまいました。

    ということでお弁当は各クラスポーチや、保育室でレジャーシートを敷いて

    食べることとなりました。

     

    園外に行けたのは短い時間でしたが、少しは園外保育気分は味わえた

    かな?

     

    imageimageimageimage

  • 06月14日

    クッキー作り

    image

    粕谷 衛

    今日は年長さんがクッキー作り。

    しっかりと手を洗い、マスクとバンダナを着けて準備完了!

    麺棒で生地をのばして、好みの型を使って型抜きをします。

    生地が厚すぎてもなかなか抜けませんし、薄すぎれば生地が破けてしまいます。

    子どもたちは意外と苦戦している様子。

     

    無事に型抜きが終わり、焼き始めると部屋中に甘~い良い香りが漂ってきます。

    味の方はどうだったかな?

    自分で作ったクッキーですから、きっと何倍にも美味しく感じたことでしょう。

     

    そしてこの香りは次の日まで部屋に残っていたようです。

    こんなに良い香りならずーっと嗅いでいたいですね。

     

    imageimageimageimageimageimage

  • 06月13日

    幼虫

    image

    粕谷 衛

    この写真、何の幼虫だかわかりますか?

    バスを運転してくれている山田先生が、子どもたちに見せるために

    持ってきてくれた物です。

     

    もう少し大きくなるとわかりやすいかもしれませんが・・・

    「アゲハチョウ」の幼虫なんです

    ちょっとグロテスクで、まさかあんなに綺麗なアゲハチョウになるとは

    思えませんね。

     

    山田先生が説明すると、子どもたちも驚いていました。

     

    でも、残念ながら全てが成虫になれるわけではないそうです。

    出来るだけたくさんの幼虫が羽化できると良いですね。

    imageimageimageimage

  • 06月10日

    おさんぽ

    image

    粕谷 衛

    現在、新座市あたごにある「すこやか広場」にて、年長さんの作品を

    展示中です。

     そこで、今日は年長さんが歩いてすこやか広場まで行ってきました!

    幼稚園の裏の雑木林を抜け、ちょっと近道をして現地まで。

    片道20分、往復で40分、作品を見たり休憩の時間を含めると50分程の

    道のりでした。

     

    みんなで長い距離を歩く機会は意外と少ないので、みんなとても楽しかった

    ようです。

    ちなみに作品もとても上手に仕上がっていますので、まだご覧になっていない方は

    ぜひ!

    6月13日(月)のお昼までです。

    imageimageimageimageimageimageimageimageimage

  • 06月09日

    カイコ

    image

    粕谷 衛

    子どもたちがご家庭でお話しているかもしれませんが

    今年も幼稚園でカイコを飼育しています。

     

    2週間ほど前に園に来たときは見えないぐらい小さかった

    カイコですが、毎日毎日桑の葉を食べ、見違えるほど大きく成長しています。

    もう少し大きくなると繭を作り出す頃になるはずです。

     

    以下はカイコについての解説です

     

    カイコは家蚕(かさん)とも呼ばれ、家畜化された昆虫で、野生には生息しない。またカイコは、野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物として知られ、餌がなくなっても逃げ出さず、体色が目立つ白色であるなど、人間による管理なしでは生育することができない。カイコを野外の桑にとまらせても、ほぼ一昼夜のうちに捕食されるか、地面に落ち、全滅してしまう。幼虫は腹脚の把握力が弱いため樹木に自力で付着し続けることができず、風が吹いたりすると容易に落下してしまう。成虫も翅はあるが、体が大きいことや飛翔に必要な筋肉が退化していることなどにより、羽ばたくことはできるがほぼ飛ぶことはできない

     

    知っているようで実は良く知らないカイコ。

    毎日見ていると愛着が湧いてくるから不思議です。

     

     

    imageimage

  • 06月07日

    残念でした・・・

    image

    粕谷 衛

    今日は年中さんの園外保育!

    の予定でしたが、朝からまさかの雨模様。

    天気予報は曇りのはずだったのですが・・・

    残念ながら園外保育には行けませんでした。

     

    その代わりと言っては何ですが、お遊戯室でゲームを行いました。

    その名も「ツーディスゲーム」

    5月の親子遠足でも行った、大きなオセロのような円盤を使ったゲームです。

    赤チームと青チーム二別れ、決められた時間内で、円盤を自分の色に変えます。

    終了後、色事ごとに数をカウントし、多かったチームの勝ちというゲームです。

     

    シンプルなゲームのため、みんなが楽しめる上、非常に盛り上がります。

    今日も子どもたちは大興奮でしたよ。

     

    そして、これを使って、何か違うゲームが出来ないかを今思案中です。

     

     

    imageimageimageimageimage